パソコンを低価格で購入

HOMEへ

●パソコンを低価格で購入するには


 パソコンを安く買うには自分の使用用途をしっかりと見極めることです。
例えば、インターネットやメールだけなら、スッペク(性能)は殆ど無視して結構です。
 一昔前の中古パソコンでない限り、今のパソコンは大変利口ですので一般のメーカーから発売されているパソコンなら、インターネットやメールだけなら十分です。
 ただ、3Dゲームなどをされる場合、かなりのスペックが必要となります。
低スペックなパソコンでは起動すらもしない場合もあります。
ゲームのために買ったものの、新たにハイスペックパソコンを購入しなければならないという事態に陥る可能性があります。
 スペックが殆ど必要でないものは、先ほど申しましたインターネットやメールあとワード、エクセルなどのオフィス系のソフトです。基本的に殆どのソフトはハイスペックを必要としません。
 ハイスペックが必要なソフトは3Dゲーム・3DCAD・グラフィック作成ソフトなどですが、 ソフトのパッケージに推奨の動作環境が書かれていますので、使用予定のソフトの動作環境を確認してください。

ちなみ、リネージュという3Dゲームの動作環境はこちらです。http://www.lineage2.jp/guide/how_spec.aspx
リネージュは3Dゲームの中でも比較的重い方なのですが、ミドルスペックのパソコンなら役不足なのがわかっていただけると思います。
●最適なパソコンを探そう
 
今のパソコンは殆どオフィスが付いてきます。オフィスソフトが付くと結構割高(だいたい一万円以上)になっています。割高な割に付いていてもビジネスユーザーでない限り使わない人が殆どではないでしょか?
しかし、オフィスが付いていないものを探していくとかなりモデルが限定されてしまいます。
 この場合おすすめなのがカスタマイズのできる直販メーカー、マウスコンピューターやeMachinesです。
また、使用用途が決まっている人ならカスタマイズできるのは大変有り難く、インターネットしか使用しないけど動画などを保存していきたい場合、CPUを低く、ハードディスクを多めにするなどして、自分に最適なパソコンを購入できます。逆に3DゲームユーザーならCPUやメモリを増やしハードディスクは少なめなどにするのが最適なパソコン購入と言えます。

 また、最近はテレビパソコンが売り筋になっていますが。
これも気をつけないと、とてもテレビを見る気になれないほど画質が汚いものがあります。
 とりあえず有るに超したことがないと思いテレビパソコンを購入されてる方もいますが、テレビ機能が付くとやはり割高になってしまいます。ほんとに使うがどうか購入前に考えるべきだと思います。
 テレビパソコンを購入されるかたは必ず電気屋に行ってテレビの画質を確認しましょう。

<<戻る

初心者講座

●安く購入するコツ
○直販でパソコンを買う注意点
●Office代を節約
○ADSLかFTTHか?
●気をつけよう!無線LAN
○修理に出す前に
●買い替える前に